見学する時にどのようなことに注意したらよいですか?


Pocket

下記のような点を注意して見学されたらよいと思います。

1.立地

 毎日の生活の場になるので、買い物、銀行、郵便局、役所、医療機関などの利用に便利かどうか、チェックしてください。

 当施設は、駅や中心市街地から10分の位置にあります。買物はもちろん、銀行、郵便局、病院も近くにあります。

2.交通の便

 最寄りの駅まで、どのような交通手段で、交通費、時間がどれくらいかかるか、案内のある順序で確かめることも大切です。

 当施設の目の前にバス停があり、JR駅までも徒歩10分です。岩見沢市と札幌間もJRで30分足らずです。

3.部屋の向き

 だんだんと部屋で生活する時間が長くなります。一日のうちに、どれくらいの日照時間が確保されるのかも重要なポイントです。

 当施設の部屋は、東西南の三方向に配置されておりますが、入居時に選ぶことはできません。しかし、周辺に高層の建物もなく、日当たりは十分確保されています。

4.経営者のプロフィール

 経営責任者の経歴も重要なポイントです。ケアハウスの建設や整備を急いでいることもあり、認可の基準が甘くなっているといわれています。その意味でも、確かな経営者を選びたいものです。

 営利を目的としない社会福祉法人ですので、ご安心ください。また、施設の運営を行っている施設長の経歴などもご参照下さい。

5.関連施設の利用

 施設によっては同じグループによる福祉施設や福祉サービスの運営をしています。それを、どのように利用できるのかも事前に聞いてみるとよいでしょう。

 私たちの法人では、このホームページで紹介している施設以外は運営していませんが、他法人と連携して、利用者の皆さんが安心して生活できるよう努めております。

6.介護体制

 原則としては、介護が必要になった場合には退去となっていますが、施設によっては、介護体制の強化を図っているところもあります。どの状況までケアハウスで暮らせるのか、聞いてみることもポイントの一つです。

 入居いただいた皆さんが、この施設を「終の棲家」としていただけるよう特定施設入居者生活介護サービスを提供いたしております。

7.施設の雰囲気とスタッフとの呼吸
 生活の場としての雰囲気、あるいはスタッフの人柄など、初めての印象は大事にしたいものです。